アリアコーポレーション ホーム        
  ホーム サイトマップ お問い合わせ
フォトウェディング
ウェディングスナップ
ポートレート
レッスン
ヘアメイク
ギャラリー コンセプト
ホーム>ウェディングスナップ>コンセプト>『お友達ですか?』
撮影の合間に、担当のアテンドさんなどから、こう聞かれることがよくあります。
私たちは当日(もちろん、打合せのときからですが)、二人のことを
名前やニックネームで呼ばせてもらっています。
撮影中も、堅苦しい敬語は遠慮させていただいています。
→そして二人にも、できるだけ同じように接してもらうように
しています。



 
アリアコーポレーションのフォトグラファーは、平均29歳。
打合せも、結婚式や写真の話にとどまらず、雑談のほうが多いことも。
そうなると、友人同士のようにフランクに話して、
さんづけでなく呼び合うのが、自然になってきますよね。
もちろん、私たちのキャラクター的なところも大きいでしょう。
結婚式業界での一般的な「お嬢様」とか、
「ご新郎さま」「ご新婦さま」などという呼び方、
写真屋さんの「ご新郎さま、笑顔でお願いしま〜す。」とか、
ドレス屋さんの「お嬢様、よくお似合いですよ〜。」
なんてのが、苦手なフォトグラファーばかりなんです。  
それにやっぱり、上記のような声の掛けられ方をされるより、
友達から言われるように、「○○ちゃん、こっち見て!」とか、
「硬いよ!」なんて言われたほうが、
自分たち、本来の姿でいられますよね。
もちろん、心の距離が近くなることが大切なので、
これらは、その手段のひとつでしかありませんが、
限られた打合せ時間のなかでは、結構大切なことです。



 心の距離、それをさらに縮めるために、
私たちは、打合せの時間をこの春よりより長く取ることにしました。

今までは、最低1回だったのですが、
2回会うお二人と、1回のお二人では、
やっぱり親密度が違う気がするからです。
お申し込みいただいたあと、みなさん、忙しいとは思いますが、
少なくても2回は、フォトグラファーと会って、
打合せの時間を取ってください。
きっと、時間を割いていただいただけの効果が表れます。



 結婚式当日、私たちフォトグラファーは、
メイクさんよりも、アテンドさんよりも二人と長く、
近い場所にいる存在になります。
そうなると、フィーリングはとても大切ですよね。
もちろん、写真を撮るうえで、コミュニーケーションのためにも、
大切です。お二人とより仲良くなって、私たちが近くにいて、
話しかけることで、結婚式当日の緊張する場面でも二人が、
リラックスしてくれたら、うれしいですね。




 少し余談になりますが、キレイに撮るためにはやっぱり、
まわりの雰囲気、背景、人物に対してどういう風に光が当たるのか、
ということは、重要です。
普通の結婚式の流れに従ってしまうと、
ドンピシャな場所で、しかも二人だけで雰囲気のいい写真を
撮れるチャンスは、なかなかありません。
なのでいつも、できるだけ多くの時間をスナップでの、
2ショット、1ショット撮影の時間として
取ってもらっています。
そうしてもらって、その会場、照明、時間、季節、天気、
などによる光の当たり方などを見ながら、
私たちが撮影場所や、二人の立ち位置、
体の角度などを決めさせてもらって撮影しています。
そういう時間が、より素敵な写真を生み出していくのです。

 そういうふうに、私たちと二人、1対1(1対2?)になったときに、
どうしたら、二人が最高にキレイなモデルとなって、
カメラに向かって、自然に笑ってもらえるか、
ということを追求してきた結果が、
テスト撮影、レッスンと、このページのコミュニケーションの取り方、
なのです。

楽しそうで、幸せそうな結婚式で、
そういう一瞬一瞬を逃さず写真におさめることは、
プロのフォトグラファーなら、誰でも可能だと思います。
私たちが目指すのは、
お二人が100%満足する作品ではありません。
当日に感じた以上の、楽しさ、喜び、感動を写真から味わえ、
想像を超えるような、満足度200%の作品をお渡ししたい、
そう思っています。

次のページへ
フォトグラファー紹介
アクセスマップ 会社案内 メディア掲載履歴 リンク 掲示板 お問い合わせ
Copyright(c) ALIAcorporation2000-, All Rights Reserved